« 2017/06に視聴していたアニメについて一言二言 | トップページ | 沼津港深海水族館と源兵衛川行ってきた! - 2. 三島市 »

2017/08/27

沼津港深海水族館と源兵衛川行ってきた! - 1. 沼津市

GW期間のスケジュールに少々余裕ができたので、泊まりの旅行は無理でも日帰りでどこか行きたいなーと思って、ラブライブ!サンシャイン!!の聖地巡礼話ネットで見てたらあっ深海水族館!そういうの大好き!ってなって、俺一般的にはああいう流行ってる聖地って怖いっていうか近寄りたくない方なんだけど、まあ深海水族館は聖地って言っても本編じゃごく一瞬映っただけだし、まあ大丈夫かなって思って。

新幹線ーーーんんん!!!

20170502_1_numazu_01

東京駅までは日常普通に利用してる路線だから何とも思わんけど、新幹線とか乗るの何年ぶり?何十年ぶり?旅が始まる感、非日常への入り口感じわじわと込み上げてくる。アガるわあ……!

20170502_1_numazu_02

三島までウォズおじさんと一緒。

しかしこの車内、決して古い車両ではないと思うんだけど、内装の微妙に彩度低い暖色カラーリングのせいなのか、新幹線の車内は何とも言えない「昭和」の雰囲気が漂っている。

三島で東海道線に乗り換え。

20170502_1_numazu_03

2両て。三島始発沼津終点だった。なるほど。

なんかもう右を見れば富士山が(ほとんど雲に隠れてたけど)近いし左を見ればごつごつした山塊がいかにも僕フィリピン海プレートに乗って日本列島にブッコミに来ましたみたいなツラしてるし伊豆半島来ちゃった感強い。

沼津!ヌーーーマーーーヅ!

20170502_1_numazu_04

いきなり改札脇の売店が「アニメ*話に当店が!」とかアピってくるし、バス出発時刻まで少し時間あったからロータリーぐるっと回ってみたら例のモスバとかサンシャインカフェとかあるし、果南さんのフルグラT着てるお兄さんとか普通に歩いてるし……怖い沼津怖い。

沼津港深海水族館んんーーー!

20170502_1_numazu_05

なんかネットの噂ではめっちゃ混むとか言われてて、やべえよ平日とはいえGWど真ん中じゃんよ超混むよとか思って戦々恐々としてたんだけど、入場列5、6人くらいですぐ入れたし、程良い繁盛具合で特に問題無かった。

さて。

20170502_1_numazu_06

ミドリフサアンコウとか、

20170502_1_numazu_07

先端が男性器の亀頭に似ていることで有名なカワテブクロとか、

20170502_1_numazu_08

オウムガイとか、

20170502_1_numazu_09

ちょうどお食事中だったチンアナゴとか、

20170502_1_numazu_10

石垣島サンゴ保護の取り組みとか、

20170502_1_numazu_11

消しゴム強ええーーー!!とか、

20170502_1_numazu_12

お前誰やねんとか、

20170502_1_numazu_13

シーラ!カンス!!とか、

20170502_1_numazu_14

ダイオウグソクムシとか、

20170502_1_numazu_15

撮影禁止だったメンダコとかラブカの赤ちゃんとか、楽しい生物がたくさんいて本当に楽しかったんだけど、自分個人的にとびきり素敵で素晴らしいとおもったのは、暗くて写真じゃよくわからないけれど、

20170502_1_numazu_16

暗闇の中のヒカリキンメダイの群舞!

これは時間感覚を失う。永遠に見続けていたい。

とまあ、コンパクトながら非常に充実した水族館であった(というかさすがにコンパクトすぎるので倍くらいに増床すればいいのにと思った。人気度高い施設なのだし)。

日本一深い駿河湾、漁港でありかつ観光地でもある沼津港と、立地の特色が生かされたユニークな水族館だなと感じた。

お土産(自分への)的な意味で、公式ガイドブック(ペラい)と……

20170502_1_numazu_17

シーラカンスのぬいぐるみMサイズ!シーラ!カンス!!実はわりとこれの購入が主目的の一つだった!

本当はLサイズがあれば(商品として存在するのかどうかわからないが)それが良かったのだが、SとMとLLしかなかった。さすがにLLは値段も寸法も大きすぎ……。

布地の肌触りと光沢、瞳の輝き、足っぽいヒレの可愛さ、大満足の逸品である。

昼食は水族館の半券持ってると1割引ということで、敷地内の浜焼き屋。下調べで念頭に置いていた平日定食は平日だけれどGW対応ということで無し。残念だが仕方ない。ということで漁師チャーハンとサーモンのカルパッチョのサラダ。それぞれに美味ではあったが、うーんなんかずれた……。

沼津駅に戻るバスが来るまでかなり時間があったので、駅まで歩くことにする。

大通りから脇に逸れた、緩くカーブする細い道が緑道整備されていた。

(水路を暗渠にしたのかな?)と思ったら、廃線跡が。

20170502_1_numazu_18

蛇松線というらしい。

狩野川沿いを歩く。

20170502_1_numazu_19

20170502_1_numazu_20

20170502_1_numazu_21

絵に描いたような川縁散歩日和である。

20170502_1_numazu_22

20170502_1_numazu_23

向かって右端、おまけのように立てられている小ぶりで寸胴な鯉のぼりが先般話題になったAqours小学生手形の鯉のぼりであろう。

津島善子邸!

20170502_1_numazu_24

今回撮った写真の中で、ほぼ唯一聖地巡礼ぽい写真である。

というか俺はこういう「聖地」が好きだ。今は喪われた矢澤にこ邸とかね……。

20170502_1_numazu_25

いかにも中規模地方都市らしく?ややシャッターの目立つアーケード。

だが一見何の変哲も無いレトロなレコ屋にいきなりAqoursのポスターが貼ってあったり何やら人だかりがと思ったらずら丸ちゃん御用達の書店だったり、おっかさん沼津は怖かとこじゃって心胆寒からしめられた。

道中、美味しくてリーズナブルなランチ出してくれそうな良い感じに小洒落たカフェなど意外にも(沼津に失礼だ)何軒かあり、何も半券1割引にこだわること無かったかな、などと思う……。

そんなこんなで沼津に別れを告げ……続く!

« 2017/06に視聴していたアニメについて一言二言 | トップページ | 沼津港深海水族館と源兵衛川行ってきた! - 2. 三島市 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223556/65715137

この記事へのトラックバック一覧です: 沼津港深海水族館と源兵衛川行ってきた! - 1. 沼津市:

« 2017/06に視聴していたアニメについて一言二言 | トップページ | 沼津港深海水族館と源兵衛川行ってきた! - 2. 三島市 »