« 2017/01-2017/03期の視聴予定のアニメ | トップページ | C91の集計 »

2017/01/22

2016/12に視聴していたアニメについて一言二言

12月が終わってだいぶ時間がたってしまった……。

★魔法少女育成計画
あー……そっち行っちゃうんだ……。
結局、姫河小雪ちゃんという可愛くてか弱くて可哀想な女の子が狂気に堕ちる一場を描き、以って物語の開幕とするというアニメであった。
そういう意味では、「ここまでが序章ですよ!これからが本番ですよ!さぁ続きは原作のラノベと漫画で!」と言われても(ええ……でも実質リップルちゃんしかいないじゃん……)って気持ちになるのであった。

★プリパラ
ちりちゃんもペッパーちゃんも良い子なんだけど、畏れ多くも?主人公の妹君たるのんちゃんのパートナーとしては色物すぎやしませんかっていうか、チームの仲間にはなれても親友とか百合とかそういうのにはなれなそうっていうか。

★装神少女まとい
ゆまちんの纒装解除は結局どうなったんだ……。

★てーきゅう 8期
楽しかったように思う。

★響け!ユーフォニアム2
ヘテロセクシュアルな女の子のヘテロセクシュアルな恋愛と百合、性愛的要素を含んだ同性間の友情とは当然両立すると考えているし、おそらくは原作もそうした基軸の上に綴られているのではないかと想像するのだが、大きく百合に比重を移しつつもヘテロな恋愛を切り捨てることもできなかったアニメ版は結局そのバランスを上手く取ることができなかった印象。
となるとどうしたってなかよし川は良いぞってことになるし、葉月ちゃんと緑輝ちゃんの可愛い活躍なんでもっと魅せてくれなかったんだよってなる。

★ガーリッシュ ナンバー
最終的には悟浄×京であった……。

★終末のイゼッタ
二十世紀中葉、科学技術の発展が戦争の姿を大きく変えた時代、アルプスに抱かれた小さな公国、最後の魔女、とくればオカルト!とくればナチスドイツ!……というところで腰が引けてしまって話がフガフガになってしまった印象。
前々から、今のアニメに一番足りないのって作画リソースより何より「企画を練り込む時間」なんじゃないかって思ってて、このイゼッタも(良い素材揃えたのにな~生煮えだな~もったいないな~)と感じられてしまった。

★魔法つかいプリキュア!
なんか幻魔大戦みたいになってきた……。

★はがねオーケストラ
最終的には、うんこれわりと楽しかったよ、との感慨に落ち着いた。

★私たち、らくろじ部!2期
楽しかったように思う……。

そして先月観た映画。

★ポッピンQ
黒星紅白キャラデザの超可愛い女子中学生が超美麗2D&3D作画でダンス&バトル!とくればこれはもう!俺みたいないい歳してプリキュアとか観ちゃってフガフガしてるおじさんには感謝と感激しかないですわ!僕は、大道あさひちゃん!
……けどその一方、(あーこれはプリキュア視聴者層の上の世代、プリキュアを卒業したティーンズには忌避されるタイプのファンタジー映画だなー)とも思った。どこがどう、と言われると難しいのだが、リアルとアンリアルとの関連性、これ所詮はリアルに従属するアンリアル、リアルの調整機構にすぎないでしょ。それはティーンにはつまらなかろうと思うのだ(おまけに言えば、大人が子供に説教かます予感がするというか)。
(もう一つ余計に付け加えれば、『ひるね姫』にも同じ危惧感じるのだが……)

« 2017/01-2017/03期の視聴予定のアニメ | トップページ | C91の集計 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223556/64794798

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/12に視聴していたアニメについて一言二言:

« 2017/01-2017/03期の視聴予定のアニメ | トップページ | C91の集計 »