« C89の集計 | トップページ | 2016/02に視聴していたアニメについて一言二言 »

2016/02/14

2016/01に視聴していたアニメについて一言二言

当初は豊作と思われたのだが……。

(巨乳がぶるんと一回揺れる毎に視聴意欲が1ポイント減退する……)とか(なんか安っぽい……のはまあ許容するにしても、サイバーパンクごころが感じられない……)とか(あーこういうパロとかギャグとかもう要らない……安っぽいし……)とか(いくら主人公がおっさんとはいえ、このかっこつけセンスの加齢臭感はキツい……)とか、諸々の理由により当初リストアップしていた作品は次々視聴対象から外され……。
まあ体力&時間的な制約でなかなか「3話までは観る」とできなかったというのもある。

★プリパラ
アンダーグラウンド!地下アイドルというよりは下北辺りのライブハウスのような風情……俺は好きだなこういうの!

ガァルルちゃんも良いが、やはり響編のシメはふわりちゃんにビシッとお願いしたい!

OPすごくいい!iTmsに入ったら購入したい。
EDも悪くはないけど、実写はな……SDらぁらちゃん可愛いけど、実写はな……。

★てーきゅう 7期
引き続きである。

★魔法少女なんてもういいですから。
変身バンクのえっち可愛さで言ったら随一ではある。だが、女の子のキャラデザはもう一段解像度を上げてほしいところ……。

★らくろじ部(とラクエンロジック)
らくろじ部楽しい!あどちゃん超可愛い!
だが、本来本編であるはずのラクエンロジックは……いくらでも楽しくできる素材だと思うのだが……。

★Go!プリンセスプリキュア
終了しました。
悪くはなかった、前作から比べれば随分マシになった、とはいえ……。

春野はるかちゃんはみんなに愛される子だった。友達もたくさんできた。
けれど、一人でやってきて、最後は一人で戦って、きららちゃんもみなみさんもトワちゃんも、ゆいちゃんさえもそれぞれの道を歩み、カナタ王子とはおそらく二度と逢うことは無く、物語の終わりの場所に一人で立っている……。
それはちょっと淋しいな、って。

それはそれとして、はるかちゃんは歴代ブリキュアヒロインの中でも突出したえっち可愛さであった。中学一年生はいいぞ!

★機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
話運びに粗っぽさ感じる場面多少無くはないものの、毎話楽しさと程好い緊迫感がある。
世間にはMS戦闘シーンの少なさを不満に思う向きもあるようだが、自分としては戦闘以外のシーンで充分楽しめているし、というか、鉄血のMS戦闘シーンはあまりに火力が豆鉄砲で観ていてあまり気分が高揚しない。

★灰と幻想のグリムガル
当初は(あいうらもねら学も大好きだったけど、異界転生物か……可愛い女の子も少ないっぽいし……)ということで悩みつつも視聴リストから外していたのだが……。

2話のゴブリン殺害シーン!
主人公による殺人シーンとしては、出色の生々しさではないか。

ユメちゃん可愛いし、いい子だし、ナチュラルにえろいので実に良い。
いやもちろんシホルちゃんだって可愛いし、いい子だし、ナチュラルにえろいのだが。

賛否両論の劇中歌については、1話〜3話については俺は非常に良かったと思う。
作品のトーンが非常に観る人に緊張を強いる傾向にあるから、そこが弛緩の時間帯になって一息つける。
たださすがに4話は「歌のお姉さんちょっと黙ってて」と言わざるを得なかった。

そして先月観た映画。

★ガラスの花と壊す世界
たしかに終盤に尺足りない感は否めない……だが女の子がみんな可愛いし、まあいいだろう。
中盤の世界一周っぽいシーンはじーんと来た。
しかしまあこの作品に限らないけれど、いい加減今時フラクタルでもないと思う。

« C89の集計 | トップページ | 2016/02に視聴していたアニメについて一言二言 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223556/63210799

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/01に視聴していたアニメについて一言二言:

« C89の集計 | トップページ | 2016/02に視聴していたアニメについて一言二言 »