« にいてんご西住姉妹ー | トップページ | 今年もまじぽか様にお詣り@2014/04/26 »

2014/04/19

2014/01-2014/03期に視聴開始したアニメについて一言二言

残念ながら、心に深く刻まれたアニメのあった3ヶ月ではなかった……まあ、そんなクールもあるさ。

★凪のあすから
なんだろう……直前まで満ち満ちていたわくわく感、緊張感がさらさらと手からこぼれて、うーんなんだったのかなーみたいな終局……。
おそらくそれは、神話の時代の終焉、ということなのだろう。
1話から25話まで、この物語は、神話の時代を生きる人間たちを描いてきた。しかし最終話、人間は生贄を神の手から取り戻し、神は後景に退き、徐に人間の世紀が始まったのだ。
それは本来、人としてはことほぐべき大団円なのだが、神話時代の鴛大師と汐鹿生があまりにも美しかったため、観る者の心に喪失の痛みばかりが残響してしまうことになったのだ。
だが美海ちゃんは最後まで可愛かった……それなのにあんな存在感希薄なモブ坊やとくっつくとかおじさん許しませんよ!

★桜Trick
井口裕香と戸松遥が素晴らしかったという以外に何かあっただろうか?あとCMのフランス人。

★pupa
結局「戦略の失敗は戦術では挽回できない」ということだったように思われる。

★世界征服〜謀略のズヴィズダー〜
駒鳥蓮華ちゃんが可愛かった!ウーム教授が可愛かった!最後にちょこっと出てきただけだけどロボ子ちゃんの中?の娘が可愛かった!
全体的に、とても楽しいアニメではあったと思う……ただ、なんとなく、それはこちらの勝手な思い込みに過ぎないのだけれど、(このアニメは単に楽しいという以上の何か深いものをもたらしてくれる)という予感があったのだが……。

★ウィッチクラフトワークス
観ている間は時の経つのを忘れるほど楽しかったが、朝の光が夜の魔法の気配を吹き散らしてしまうように、終わってしまえば……まあ、とても上質なエンターテイメントであったとは思う。

★ハピネスチャージプリキュア
ハピプリについてもつらつら書いて先週末にこのエントリ上げる予定だったんだけど、キュアハニーのせいで全部吹っ飛んだ……なんなのあの子規格外すぎんよ……!
変身バンクが超えろい!女子中学生なのにぺったんこというプリキュアキャラデザのガイドラインをちゃんと遵守していながら、なにあのむちむちのぷりんぷりん!わきとか!あしとか!
バトルのアビリティも歌で敵を昇天とか(ユニークだけど所詮は補助職だよなー)とかあなどってたらいきなり宇宙規模の最終兵器かますし!正直しょっぱかったドキプリのラスボス程度ならゆうゆう一人で片付けられるんじゃない?
エントリのタイトル的な面で言えば、3月までは正直今一つ……と思っていたんだけど、ゆうゆう確変に加えてひめちゃんも最初の頃のネガティブ設定が取れてフリーダムな魅力を振り撒きはじめたし、満足度はぐっとUPしてきましたわ。
今後の注目ポイントは、放映開始前から明言されているけれどまだ何も始まっていない「恋愛」がどう展開してゆくのかだが……現状、個人的に、めぐみと誠司の関係に何もわくわくするものを感じない……。それならばまだ、世間の一部で話題になっているひめちゃん×ナマケルダのカップリングの方が余程Happyなラブラブ感で楽しませてくれそうで、自分としてはこちらに一抹の期待を託したい気分である。

« にいてんご西住姉妹ー | トップページ | 今年もまじぽか様にお詣り@2014/04/26 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223556/59494729

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/01-2014/03期に視聴開始したアニメについて一言二言:

« にいてんご西住姉妹ー | トップページ | 今年もまじぽか様にお詣り@2014/04/26 »