2018/01/14

2017/12に視聴していたアニメについて一言二言

いかん……年越したら記憶が……。

★アイドルタイムプリパラ

かの高海千歌ちゃんでさえ会得にまるまる一話かかったロンバクを超える高難度技あっさり跳んじゃう虹色にのちゃんが最高に可愛いすぎた……。

★少女終末旅行

佳い百合でした……。

二人の質素な下着姿とか、この絵柄なのに時々ぞくっとくる生々しさが匂ってくるのが良い……。

★ラブライブ!サンシャイン!! 第2期

まさか最終盤でようちかENDとは……梨子ちゃんが善子ちゃんに切り替えていくとは……。

だが絶対、善子ちゃんの方は花丸ちゃんを捨てて梨子ちゃんに乗り換えた意識は無いよね……むしろ両手に花状態を無邪気に楽しんでいるよね……。善子ちゃんを巡る梨子VS花丸の戦いは統合先の学校での第2ラウンドに持ち越されるのだが、悲しいかな我々にはその決着を知る術は無いのだ……。

★Fate/Apocrypha

なんだかんだ言って、終盤は登場人物もサクサクと剪定されて、素晴らしいアクション作画もあり、楽しかった。

★キラキラ☆プリキュアアラモード

毎話とても楽しくて、そのこと自体はとても良いのだけれど、あと一ヶ月で終わるというのに、終盤の緊迫感みたいなものが全然盛り上がってこなくて、大丈夫かな?と思ってしまう……。

ネット配信……。

★ファイアボール ユーモラス

パパさんかっこいいっすね……。

2018/01/02

2018/01-2018/03期の視聴予定のアニメ

年明け二日であるが、既にして多忙であるので、簡潔に……。

★刀使ノ巫女

当初はこれが一番期待度高い女子中学生(&高校生)アニメだったのだが、PV観て微妙に不安が……。

可奈美ちゃん中心に沙耶香ちゃんにも期待したい。

★ヴァイオレット・エヴァーガーデン

京アニさんですし……。

でも正直京アニさんのオリジナルアニメって自分はわりと途中脱落するケースありがちなので、とりまチェックしますかくらいの心持ちで……。

★BEATLESS

当初は全くアンテナに引っかかっていなかったのだが、一応PV観たら「これは良いかも!」となって急遽。歯応えのあるSFアニメ期待したい。妹ちゃんたちも可愛いかも。

★ダーリン・イン・ザ・フランキス

これもPVとか観て、リストに入れておこうかと。

★Fate/EXTRA Last Encore

Fateシリーズだが、さてこちらはどうか……。

★HUGっと!プリキュア

現状それほど期待値が高くは……可愛いのはなちゃんだけだし、個人的にバブみとかママみとかあまり求めない質なので。

まあ蓋を開けてのお楽しみである。

今期からの継続は下記二本。

・アイドルタイムプリパラ

・キラキラ☆プリキュアアラモード

それぞれ楽しみとしたい。

三日目

寒い……しかも雨だの雪だの……。

天気が良ければ例年のように早めに行って並んでもよかったのだが、今回の三日目は購入予定があまり多くないし、何より寄る年波である。

ということで、10:28国展駅着。三日目でここまで重役出勤なのは初めてなような気がする。

最後尾はビッグサイト正面の国展駅寄り。背伸びして眺めると、西からの最後の塊がやぐら橋に向かっているところ。これならばそう長くは待たされるまい。

曇り、寒い。

10:58入場。これは早い。

東123から654。約20ヶ所。

少なくとも自分が通った経路では人の荒波も危険を感じるほどではなかった。(後で知ったことだが、単に幸か不幸かFGO島近辺を通らなかっただけだったようだ)

外周一ヶ所だけは列を見て早々に諦めて、それ以外は全て順調に購入することができた。

12:06退場。

有明パークビル内のわりとよく行くスペイン料理屋でランチ。たしかバスク風ローストチキンとかなんとか……リーズナブルで美味であった。

地元スーパーで年越し麺類的な意味でエビも乗ってるシンガポール風焼きビーフン買って帰宅。

Bonne année!

二日目

今日は自分にとってはヤバい日……ラブライブ、プリキュア、プリパラ、バンドリ……まどマギにけもフレにガルパンもある……回る予定のサークル数が明日の倍以上ある……。

だが寄る年波、極力並びたくはない……一方、今日はアズレンやFGOほどにバズっているジャンルは無いはず、となれば去年の冬コミ二日目同様、入場列はさほど延びはしないはず……。

と踏んで10:13国展駅着。

予想以上だった。列はほぼ解消状態。だらだらと歩いて10:20入場。

今日の購入予定にはわりと大手でない、頒布部数が少なかったり、書店委託しないサークルが多かったのだが、結果としては概ね順調に買い回れた。五十肩の左腕にかかる負荷が気がかり……バッグの耐久性も気がかり……老兵と相棒かよ……。

東館を出て、北コンコース1Fの店で生しらすネギトロ丼?だったかな?食べて昼過ぎ退場。

直帰。

一日目

長年コミケその他では愛用していたバッグがかなりくたびれてきて、底に穴とか開いてきたので後継をあちこちの街で探していたのだが結局これ!と思える品に出会えなくて若干ぐんにょりしつつコミケ一日目である。

今日はバンドリ一ヶ所、艦これ二ヶ所でなんなら行かなくてもいいくらいだったんだけど、年末年始の食材とか豊洲のスーパーで買い込みたかったのと、バンドリ本が直前になって急遽無配になったりとか、艦これサークル壁なのに委託未定とか、なかなか自宅でぬくぬくカウチポテト(古語)参加とは行かない雲行き……。

10:57国展駅着。列はまだビッグサイト前にそこそこ。

11:17入場。

東7ホールへは東4の中を通り抜けて行けと誘導される。微妙に不安……。

だが結局はバンドリ本も艦これ本も全て買えてオールオッケーであった。

11:57退場。

TFTのパスタ屋でランチ、豊洲のスーパーで買い物、帰宅。

2017/12/23

2018年の自宅用カレンダー

居間:ラブライブ!サンシャイン!!

台所:メイドインアビス、りぼん

卓上:ラブライブ!サンシャイン!!

Aqoursのmogumogu絵がとにかく可愛くて、まず卓上カレンダーだけは早いうちから決定していて。

だがしかし、同一タイトルのカレンダーを複数箇所に使用することも、同一箇所のカレンダーに連続して同じタイトルを掲示することも、本当は避けたかったのだが……カレンダーという商品は本当に選択肢が少ない!

アニメもそうだけど、昨今であればなんといってもスマホゲーのタイトルのカレンダー出してほしい……特にガルパとマギレコが!強く求められている!

ラブライブ!サンシャイン!!の壁掛けは今年と同じフォーマット、嬉しい毎月12枚綴り。ラスト3ヶ月が全部9人揃った絵なのが、自分の思い過ごしとは思うけど、そこはかとなくフィナーレ感……いやいや……。

メイドインアビスの壁掛けは男子キャラ女子キャラバランス良く起用してて、変な話(真っ当なアニメのカレンダーだなあ……)って感じ。だが欲を言えばフェチい絵が全然無いのが物足りない。メイドインアビスなのに!

りぼんはふろくのスクールカレンダーなので、来年4月で交換。もし来年の4月号のふろくもカレンダーなら、だけれど。

ラブライブ!サンシャイン!! フィギュア“1年生”“2年生”“3年生”feat.三月八日

20171217_1

9人揃うと可愛さにもぐっと迫力が!

で、置き場所がいよいよ無くなってきたということで、以前から考慮はしていたキングジムのディスプレイボードを導入。iMacでの使用もOKらしいので。

一応安定はしているが、安心感は……まあ仮の置き場ということで。

----------

2018/01/02追記:

ダメだった……。

ディスプレイボードを引っ掛けて、その上にAqoursちゃんたちを乗っけるから、所謂トップヘビーになって、iMacのモニタが後ろに傾いてしまう。

 

とりまAqoursちゃんたちは本棚に退避中。せっかく買ったディスプレイボードは……もっと軽いものを乗せる分には大丈夫かなあ……。

2017/12/09

2017/11に視聴していたアニメについて一言二言

どうも言いたいことを筋立てて上手くまとめることができなくて、思いつきを適当に繋げたような感想になってしまった。いつも以上に。

★アイドルタイムプリパラ

はぁ……虹色にのちゃん可愛い……前から可愛いと思ってたけど最近とみに可愛い……。

★少女終末旅行

この物語が、ただたんにポスト・アポカリプス的な世界に遊ぶ可愛い女の子たちの所謂日常系アニメの域を超えて、そのタイトルの通り、滅びに瀕した人類の物語を紡いでいるのは、他ならぬ主人公二人の存在にそのような人類を象徴させているからであろう。ざっくり言うと、チトがメメント、ユーリがモリなのである。

★ラブライブ!サンシャイン!! 第2期

このタイミングでなぜ彼女らが函館を訪れたのか、それは明確である。

廃校から母校を救えなかったことで、Aqoursは一度死んだ。死んだ者が黄泉返るためには、死者の国に赴き、そして還ってこなければならない。

死者の国は当然、日の射さぬ極北の地にある。そして鹿角姉妹は冥府の女王であった。女王は千歌たちの前で「死」を演じてみせ、そしてAqoursの末妹に「生の鍵」を授けたのだ。

なんということだ!これほどまでに見事に巧妙に、エンタテインメントに神話構造を組み込むというのは!

★Fate/Apocrypha

ジャンボジェットがんがん沈める空中戦は見応えがあって良かった。その直後のアタランテさんの矢はプスプスって機体に刺さっただけで(えっしょぼ……なの?アーチャーなのに?)ってなったけど……。

★キラキラ☆プリキュアアラモード

ビブリーちゃん♡シエルちゃん♡リオ君の爛れたポリアモリックな同棲生活が楽しみすぎる……。

ネット配信……。

★ファイアボール ユーモラス

楽しかったですね……新しいキャラデザも慣れてきました。

映画……。

★映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!@新宿バルト9

シエルちゃんめっちゃ可愛かった!!!!

女子中学生形態も妖精形態もどっちも可愛い!プリアラって、従来のシリーズと比較して妖精がわりと可愛げある(雅語)っていうか、そりゃプリアラ映画なのにモフルンがサポート入るのも無理ないですわだったんだけど、キラリンはほんと突出して可愛い。きみ本当にペコリンと同種族のいちご山妖精?

あと何か他にも言いたいことがあったような気がしたが、日が経ちすぎて忘れてしまった。

2017/11/13

2017/10に視聴していたアニメについて一言二言

★アイドルタイムプリパラ

新キャラの名古屋弁の子が正直あまり好みではない……。

古代人は電灯も無かったから夜にプリパラ行けなくて古代プリパラ滅んじゃったのは仕方ないけれど、現代なら夜にプリパラ行きたい子、わりとたくさんいるんじゃないかな?っていうか、「夜のプリパラ」って言葉の響きがまずステキ……そも、夜こそがプリパラの領分ではなかったか。夢は夜ひらく、のだ。

そう……夢は……。

★少女終末旅行

最初は(なんか掴み所が無いなあ……このキャラデザでサービスシーンとかされてもなあ……)という感触だったのだが、3話、カナザワ回でビタッとハマった。

特にユーちゃんがカナザワ氏のカメラはともかくカナザワ氏本人の存在に興味津々な様子が可愛くてなあ……やっぱり百合に男の存在は最高のスパイスなんだよ……!

★ラブライブ!サンシャイン!! 第2期

なんというか、日本むかし話観ているような感じ……雨だれの音から曲作ったり、みかんモノレール乗って山越えたり、そんなちょっとした、時には現実離れした機転で課題をクリア、そして毎回最後に千歌ちゃんがよくわかんないけど良い事っぽいこと言ってシメっていう、あれ、吉四六さんのとんち話とかそういう系統の。

一期では神話の時代から英雄の時代を突き進み、ついには市民革命のうちに幕を閉じるという驚愕の軌跡を刻んできたAqours、さて二期はどうなるかと思いきやまさか民話とは……元々が地元密着型の企画ではあったとは思うが、いよいよアニメのキャラクターという“肉体”を脱ぎ捨て、沼津の風土、沼津のフォークロアへと融溶してゆこうというのか。

湯涌温泉のぼんぼり祭、久喜市のかがみん等、前例が無くはないとはいえ、作品中にその形代を仕込むとは野心的な試みと思う。

★Fate/Apocrypha

うーんここまで観てるので見届けますけど……。

★キラキラ☆プリキュアアラモード

シエビブを!もっとシエビブを!そしてジュリいちも来る!

それはそれとして、敵幹部の人ワンちゃんを勝手に車にビルトインして何の良心の呵責も無いのすごい。さすが悪の幹部だ。あれ動物虐待じゃないのか。

ネット配信……。

★ファイアボール ユーモラス

楽しかったですよ……笑いのビート感みたいなものが、とても良い……。

一方、ドロッセルお嬢様のキャラデザは……やっぱりファーストが一番好きだな。

映画……。

★劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]I.presage flower」@ユナイテッド・シネマ 豊洲

Fateシリーズは原作未プレイで、なので(桜ルートかあ……まあUFOさんだし、なんか面白いことやってくれるだろう)くらいの軽い気持ちで観てきたのだが……。

いやあたまげた、えらいもん観た!謎が謎を呼び、闇が闇を纏う……Fateはこういう変奏もあるのか!Zeroとはまた違う深みのある味わい……。

それと女子中学生桜ちゃんが可愛かった!……まあすぐに巨乳女子高生になってしまって、私のストライクゾーンのファーラウェイに去っていってしまうのだが。

2017/10/22

ブレードランナー ファイナル・カット観てきた@丸ノ内ピカデリー3

ブレラン2049公開を目前に控えて、そういや最初のブレードランナー観たのもうずっと昔だなー内容ほとんど忘れてるなーいっぺん観返したいなーと思っていた矢先、今も上映している映画館があることを知る。

……なんと、爆音映画祭とな……あのガルパン劇場版で有名な……2,300円……お値段も爆音級であるな……。

ともあれ、渡りに船ではある。そそくさとチケ予約。

先に映画館の近くのハワイ飯屋で昼食。

俺「このモコチキン丼ください」

店員さん「モチコチキン丼ですねー」

恥ずい……だってロコモコとか言うじゃん……だからモコ~なのかなーと思うじゃんよ……。

甘辛めのタレに絡めた鶏の唐揚げ?(唐揚げは小麦粉、餅米の粉で揚げるからモチコだそうだ……後日調べ)が美味であった。

さて。

すごかった……全てのシーンに圧倒された……1秒たりと気持ちを弛ませてもらえる隙が無い……正直言えば冒頭の都市の煙突?から炎吹いてるシーンはさすがに(まあ昔の特撮だしな)感は否めなかったが、その後はもう目眩く近未来神話世界に飲み込まれて為す術も無い……。

それと、音というか劇中の台詞がわりと(あっ……なんか耳に覚えがある!)ってピンと来ることがあって、つまりテクノとかエレクトロニカとか方面の楽曲に色々サンプリングされてたんだなあ、って、今更ながらだが。

«わりとかなり久々にフィギュア買った